じゃがいもには毒物がある

独身をしているとごちそうが面倒臭いと感じるので、使い切り野菜や包丁不要の種を多用することが多いのですが。。。
先日、乏しい分量のじゃがいもがコロコロ入ったものを入手。パッケージの包みには「皮度食べられる」「水洗いしてもっぱら」など書いてあったので、丸々茹でて調理しました。
完成してはじめ口。。。なんか苦々しい。
但し惜しいので我慢しつつ折々食べ進めていたのですが、幾分食べたくらいでエンディング。余りを冷蔵庫に入れてランチタイムを終えました。
しばらくして、腹痛。下痢になり、若干の吐き気も出て、冷や汗も。。。調べてみると、じゃがいも病み付きの異変でした。
緑がかったじゃがいもやじゃがいもの芽には毒物があるに関して、また、乏しいじゃがいものほうが毒の混入容量が多いらしいということが書かれていました。
そうして、じゃがいも病み付きに対して家庭で出来る効果的な虎の巻が無いということも。
翌日にはまた生活が出来るようになりましたが、はじめ真夜中うんざり頃が過ぎるのを待つのは極めて辛かったです。
小学生で「芽には毒物があるから食べてはいけない」と習ってきましたが、じゃがいもの毒物がここまでは思いませんでした。借金があるというだけで人格まで否定されてしまうことがあります